児童学研究科

研究科長挨拶

教授 小野瀬 雅人
児童学研究科長
教授 小野瀬 雅人 おのせ まさと
教育学博士。日本教育心理学会理事長。
専門分野は、教授学習心理学。

児童学研究科の目的は、院生の皆さんが教育研究を通して、子どもの多様な側面をできるだけ広く、個別的に追究できる力と諸科学の成果を広く展望して子どもの存在を総合的、全体的に理解できる力を修得することにあります。そこで、研究領域を児童学、心理学、保育学とし、それぞれの領域について深く学んだり、学際的な研究にも取り組めるようにしています。多様な視点から子どもに対する研究を進められるのが児童学研究科の特色です。児童学研究科が目指している人材養成像は、長期的な視野に立って子どもの成長過程における問題や教育問題に取り組める高度専門職業人と、理論研究を進められる高い学識を有した研究者です。修了生は、保育専門学校や幼稚園・小学校などの教員、あるいは学校心理士やスクールカウンセラーとして活躍したり、博士後期課程で博士号を取得し大学教員として活躍しています。皆さんの志にかなう研究を進められるように、全教員がきめ細かく指導しています。

PAGE TOP