児童学研究科

学校教育が抱える課題(不登校、いじめ、発達障害支援等)をテーマとした学会・大会の開催を支援しています。

20.02.10

聖徳大学は、現在の学校教育が抱える課題(不登校、いじめ、発達障害支援等)をテーマとした学会・大会の開催を支援しています。

令和元年8月17日(土),18日(日)の二日間にわたって,聖徳大学にて日本学校心理士会2019年度大会が開催されました。学校の教職員・心理職・研究者等,900名を超える方にご参加いただきました。大会テーマを「公認心理師誕生の中での学校心理士の役割」と掲げ,基調講演2題,会長講演1題,教育講演2題,大会シンポジウム4題,SV研修2題,研修講座13題,ポスター発表48題の発表が行われ,学校心理士の役割,現在の学校教育が抱える課題について様々な視点から議論が行われました。

 

令和元年12月7日(土),8日(日)の二日間にわたって,聖徳大学にて第21回日本学校心理学会千葉大会が開催されました。学校の教職員・心理職・研究者等300名近くの参加者が来学されました。大会テーマを「新たな時代の学校心理学―子どもを支える「和」のちから―」を掲げ,特別講演1題(本学客員教授・毒蝮三太夫先生),基調講演1題,大会シンポジウム1題,教育講演3題,ポスター発表70題,自主シンポジウム2題の発表が行われ,今後の学校心理学の在り方,現在の学校教育が抱える課題について様々な視点から活発な議論が行われました。

 

※本学大学院児童学研究科では学校心理士受験資格取得が可能です。
聖徳大学大学院児童学研究科HP

※本学では大学(心理学科)、大学院(臨床心理学研究科)とも公認心理師を養成するためのカリキュラムに対応しています。
聖徳大学大学院臨床心理学研究科HP

 

写真① 毒蝮三太夫先生(俳優・タレント・聖徳大学客員教授)による特別講演(演題テーマ:『まむし流元気で長生きするコツさせるコツ』)の様子

写真② 石隈利紀先生(日本学校心理学会理事長・東京成徳大学教授)による基調講演(講演テーマ 『 新しい学校心理学:一人ひとりの子どもと援助者の多様性を活かす 』)の様子

PAGE TOP