臨床心理学研究科

研究科長メッセージ

心の臨床現場に精通した多様な実務家教員が
実践力の高い心の専門家と指導者を養成しています。

教授 山口 豊一
臨床心理学研究科長
教授 山口 豊一 やまぐち とよかず
博士(カウンセリング科学)。日本心理臨床学会、日本学校心理学会、日本教育心理学会、日本心理学会、日本カウンセリング学会、日本コミュニティ心理学会、日本教育学会、日本教育哲学学会、教育実践学会などに所属。

博士前期課程は、(財)日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士養成第一種大学院」の指定を受けています。また、国家資格公認心理師資格取得のためのカリキュラムにも対応しています。臨床心理学に関する理論的・実践的な高度の能力と技術をもち、豊かな人間性を兼ね備えた心の専門家を育成することを目的として、臨床心理学各領域の専門性や実践力を高めるための実習科目も充実しています。

博士後期課程では、現場を経験した臨床心理士が抱える新たな課題を研究し、さらに深く高度な専門研究を行うことで、優れた実務家、研究者、指導者となれる指導体制を整えています。

臨床心理学は人間の心の問題に対処するための学問ですが、心の問題は単一ではなく、小さな悩みのことから重度の精神障害まで、症状により対処方法は異なります。そのためカリキュラムは人間を理解するための総合的な視野と臨床心理学における特定課題領域に関する学識・技術・問題解決能力を養えるように編成しています。心の問題に関する臨床心理学的な理論と取り組みについて、充実した実習とともに体系的に学ぶことができます。

PAGE TOP