音楽文化研究科

大学院の学位記授与式が行われました

20.03.07

聖徳大学大学院を修了された皆様、修了おめでとうございます🌸

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、聖徳大学では学部の卒業証書授与式は中止となりました。

一方、大学院の学位記授与式は感染拡大防止に十分配慮するとともに、規模を大幅に縮小して、3月7日(土)に挙行されました。

大学院生は学位記授与式でアカデミックガウンを身にまといます。
すべての研究科の修了生が集まっての短い式典の後、音楽文化研究科の修了生たちは指定の教室に移動して、研究科長の高橋大海先生から博士と修士の学位記をそれぞれ受け取りました。

まず、中国における電子オルガン教育の歴史・現状・未来に関する研究で、博士の学位を修得された劉泓萱さん。
角帽には金色の房が付いています。

続いて博士前期課程を修了された皆さんへ。
代表者が修士の学位記を受け取ります。

そして、高橋研究科長から修了生たちへお祝いの言葉――。

今年は異例の形をとり全部で15分足らずの集いでしたが、皆さんの笑顔に触れることができ、幸せなひと時となりました。

席を離して、指導に当たった先生方も加わっての記念写真。

新生活をスタートさせる皆様、修了、本当におめでとうございます♬
音楽文化研究科の教職員一同より、お祝いのメッセージをお贈りいたします🌸

PAGE TOP