看護学研究科

出願前相談

出願前に、下記の希望する分野・領域の研究指導教員との出願前相談を必ず行ってください。
相談後は入学志願票に相談した教員の署名・捺印をいただいてください。
研究指導教員のメールアドレスにご連絡ください。

看護教育・管理学分野

看護教育学領域・看護管理学領域

研究指導教員
連絡先メールアドレス
特別研究内容
水戸 美津子 教授
mitos
看護管理学、看護教育学を含めた安全で効果的な看護提供システムの構築・機能化に関わる看護実践及び看護組織運営のあり方について探求する。
米澤 弘恵 教授
yonezawa
安全で質の高い倫理的看護ケア提供のための看護管理について、学生が関心のある先行研究の文献クリティークを通して、問題意識の明確化を図り、研究テーマの決定、研究方法の決定、研究計画立案、実施、分析、論文作成を指導する。

実践看護学分野

成人看護学領域・母子看護学領域・老年看護学領域・精神看護学領域・地域看護学領域

研究指導教員
連絡先メールアドレス
特別研究内容
河田 みどり 教授
kawada.midori
妊娠・出産期にある母子の母乳育児について、感染予防の視点からも安全に続けられるように看護ケアの方法について探求する。
日下 修一 教授
kusaka
精神看護学に関連するテーマとして、セルフケア理論、精神看護の歴史、アディクション看護、地域精神看護、触法精神障害者へのケア、精神障害者を持つ家族へのケア、精神科看護管理などを研究課題とし、これらに関する研究指導を行う。
寺岡 貴子 教授
teraoka.takako
精神疾患を持つ人およびその家族、看護師のメンタルヘルスに関連する課題等を探求し、一連の研究のプロセスを指導する。
野原 真理 教授
nohara.mari
健康増進政策の目的は地域のQOLを高めることであり、ソーシャルキャピタルが醸成されている地域ではQOLが高く、主観的な健康感が高い。保健師のソーシャルキャピタル醸成のための支援に必要な根拠としてのライフステージごとのソーシャルサポートと健康との関連を明らかにするための研究手法の指導、および実践の場での研究成果の還元について探求し、助言する。
PAGE TOP