看護学研究科

研究科長メッセージ

本格的なトップリーダー・ミドルリーダーを育成する研究科

看護現象を科学的に解明する研究を通して
看護学とチーム医療の発展に資する高度看護職者を養成。

教授 水戸 美津子
看護学研究科長(就任予定)
教授 水戸 美津子 みと みつこ
博士(学校教育学)。専門分野は看護管理学、看護教育学、老年看護学。臨床看護師のキャリア形成に関わる研究や病院及び在宅分野の看護管理に関する研究に取り組む。

看護学研究科は、地域の保健医療福祉並びに教育環境の向上に寄与するために、「和」の精神と人間の尊厳を基盤とし、広範な視点から看護学の学識を教授し、高度専門職業人として、変化に創造的に対応できる看護学の専門的知識と技術及び教育研究能力をもつ人材の育成を教育目的としています。

少子高齢化に伴い、看護職が活躍する組織や組織を構成する人々の職種は多種多様となり、さらにケアの受け手である市民の意識は変わりつつあります。そのため、現場では多重課題を多職種で協働しながらチームとして質の高いケアの提供に繋げ、かつ組織運営や安定的な経営改善もできるような人材が求められています。また、看護現象を的確にとらえ、科学的かつ論理的に探究・分析し看護学を発展させると同時に、多職種が協働しながら課題解決していくことに応えられるような看護職を育成する学部段階での教育を担える教育研究者も必要となっています。

そこで、本研究科では、高度な組織管理、経営管理のできる能力を有するトップリーダー及び協働する力とマネジメント力を有するミドルリーダーの育成、並びに大学等における組織マネジメント力・多職種連携の知識・技術を有する教育研究者を育成します。看護実践の質的向上に真摯な姿勢で取り組み、実践並びに教育の分野においてリーダーとして活躍したい人に入学いただきたいと思います。

PAGE TOP