看護学研究科

納付金等・奨学金制度

奨学金制度

学生のうち人物、学力ともにすぐれ、健康でありながら経済的理由により修学が困難な者に対して、奨学金制度を設けています。手続き等については、入学式当日のオリエンテーション終了後に説明会を行います。(申請の際は、最終学校の成績証明書〈全成績が記載されているもの〉や〈家計支持者の収入が証明できるもの〉が必要)

1.独立行政法人日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金はあくまで貸与であり、先輩奨学生からの返還金と国の予算を主な財源としています。修了後に返還の義務があります。

奨学金種類(平成29年度参考)

第一種奨学金(無利子)

貸与月額(申込者が自由に選択できます)
修士課程:50,000円、88,000円

第二種奨学金(有利子)

貸与月額(申込者が自由に選択できます)
修士課程:50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円

◎上記の奨学金貸与月額等は、平成29年度の金額を参考として記載。

2.香和会特待制度(香和会は、聖徳大学大学院・聖徳大学・聖徳大学短期大学部の通学課程の卒業生からなる同窓会です)

香和会員の子女、または孫、そして香和会員本人を対象とした制度です。対象者は出願と同時に申請することで、入学金を10万円免除します。
親子二世代、三世代間の入学や、卒業生のキャリアアップ・再チャレンジに際しての入学を支援する特待制度です。
※入学金が免除となる他の特待制度の対象者は、適用対象外となるのでご注意ください。
※希望する人は、「香和会特待制度申請書」をお取り寄せください。詳しくは入学センターまでお問い合わせください。

3.その他

地方公共団体(各都道府県、市町村)の奨学金や企業その他育英団体の奨学金など数多くあるが、応募にあたっては学生が直接行うものと、大学を通じて行うものがあります。


教育訓練給付制度(一般教育訓練給付)【指定申請中】

本制度は働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件※を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった人(離職者)が厚生労働大臣が指定した講座を修了した場合、本人が申請することにより支払った教育訓練経費(入学金および授業料1年分)のうち、20%に相当する額(但し、10万円を超える場合の支給額は10万円)がハローワーク(公共職業安定所)から支給される制度です。

※雇用保険の一般被保険者である人のうち、支給要件期間が3年以上(初めて教育訓練給付の支給を受けようとする人については支給要件期間が1年以上)ある人等。詳細については厚生労働省のホームページを確認してください。
注:看護学研究科看護学専攻修士課程は厚生労働大臣が指定した講座に申請中であり、指定されない場合があることを予めご承知おきください。

納付金等〈納付金等は、一部改正されることもありますので、ご了承ください〉

(1)納付金

2年課程<長期履修学生制度利用なし>

3年課程<長期履修学生制度利用>

4年課程<長期履修学生制度利用>

(2)学生諸費

修了記念品費1期分5,500円

(3)その他

①学生教育研究災害傷害保険料(入学手続時に納入)2年分2,430円(長期履修学生制度利用の場合、3年課程は3,620円、4年課程は4,660円)
②香和会費(同窓会・終身会費)入会金10,000円(入学手続時)、終身会費20,000円(修了年次徴収)
ただし、聖徳大学大学院、聖徳大学、聖徳大学短期大学部(通学課程)の卒業生は該当しません。

PAGE TOP