人間栄養学研究科

研究科長メッセージ

連携大学院方式により、
教育研究指導体制が充実しています。

教授 林 徹
人間栄養学研究科長
教授 齋藤 昌義 さいとう まさよし
博士(農学)専門分野、食品化学、食品加工学。

我々は毎日の食事から、必要なエネルギーや栄養素を摂取していますが、日々の食事は我々の体調や心にも様々な影響を及ぼしています。人間栄養学研究科は、我々の食べ物を栄養的側面から見るだけではなく、人間の心、体、栄養の相互作用を総合的に研究することを特長とし、人間栄養学を推進する研究科として誕生しました。

近年の栄養学は、細胞や分子レベルでの現象に着目することが主体でしたが、人間栄養学は、人間を主体に据えることで、人間にとって本当にふさわしい栄養のあり方を考究する点に独自性があります。豊富な専門知識と技術を習得し、幅広い視野を持って食と栄養に関わる問題を改善していくことを目標としており、食の国際化やIoTの活用などが進められている社会にもしっかりと対応できる食と栄養の専門家を育成しています。

研究領域は、人間が外界から食物として物質を取り入れる段階に対応する「食物科学」と、取り入れた物質を利用して生命活動を行う段階に対応する「栄養科学」の2領域が中心になります。そのほか、食文化、食の機能と調理、カウンセリング技術、栄養生理学、食糧政策や疫学に至る広範な領域を範囲にしています。

PAGE TOP