教職研究科

修了生紹介(2)幼児教育を、より深く具体的に実践

17.12.14

自身の幼児教育観を整理したいと考えていたところ、聖徳大学教職大学院の開学を知り、入学しました。

私立幼稚園の教員としてクラス運営だけを念頭に幼児教育を行っていましたが、大学院を修了し、現在は私立幼稚園園長、聖徳大学の兼任講師として、より深く具体的に幼稚園教育を考え実践できるようになりました。
一つの事例について、多角度から考え、教授陣と学生による話し合いの機会が多く、多様な考えに触れることができたと共に、漠然としていた自分の保育観がまとまっていくように感じられました。

これからを生きていく子どもたちのために、「幼児の姿から、日々、省察する教師集団をつくる」「小規模保育、預かり保育など、50名を越す教職員に対しての組織マネジメント」「幼稚園が行うべき子育て支援」に取り組むことが目下の課題です。今後も特別講座などに参加し、学び続けたいと思います。

 

寺田 美子さん
勤務先:学校法人 松本学園 新松戸幼稚園 園長、聖徳大学(兼任講師)
平成22年度 幼児教育コース 修了

PAGE TOP