教職研究科

在学生紹介(3)教員としての採用を目標に

17.12.15

教員をしている兄が修了したことから教職大学院を知りました。

学級経営案や週案は教員になると当然のように書くものですが、大学の教職課程では書き方までは習いませんでした。
授業は年間指導計画によって計画的に行われること、成績評価は観点別評価によって厳密につけられること、いずれも当たり前のことかもしれませんが、教職大学院では、丁寧に教えてもらえました。
学級経営のコツや指導のポイントなどを学べることも通常の大学院とは大きく違う点だと思います。

現在の目標は、教員として正規採用されること。そして、担任を持ち、児童同士が認め合い・支えあい・高めあうような学級にしたいと思っています。

 

児童教育コース
磯川 結香さん
平成28年4月入学
二松學舍大学卒業

PAGE TOP